Categories
アパレルで働く

クリーデンスの評判は?アパレル転職に使えるポイントや注意点を解説

クリーデンスは、大手転職サイト「doda」や、派遣サービス「テンプスタッフ」の運営会社が手掛けるアパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントです。

でも、実際に「どんな求人情報を扱っているのか」「サービスは利用しやすいのか」など、いろいろ気になっている方も多いのではないでしょうか?

こちらの記事では、クリーデンスの特徴や注意点、利用の流れなどを解説しています。

また、効果的に利用するポイントや利用者の評判も紹介しているので、アパレル転職を検討している方は最後までご覧ください。

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)
クリーデンス公式サイトはこちらから▲

※2022年12月14日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な文言等を追記、その他の部分も修正して2024年3月28日に再度公開しました。

クリーデンスの特徴

MERITと書かれた紙を持つ手

こちらではクリーデンスの特徴について説明します。

アパレル業界に特化した求人情報を取り扱っている

クリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントです。

求人企業数3,800社以上、うち非公開求人が全体の70~75%を占めています。

その中にはクリーデンスのみで取り扱う独占求人や、より条件の良い非公開求人なども多く含まれ、業界からの信頼性も非常に高いエージェントです。

販売職をはじめ、アパレル経験が活かせる求人を幅広く取り扱っていて、同一職種への転職やキャリアアップ転職におすすめのサービスといえるでしょう。

以下はクリーデンスが取り扱う職種の一覧です。

■店長/販売/店舗系
■デザイナー
■営業
■生産管理/物流/貿易
■WEB/EC
■マーケティング
■事務

■MD(マーチャンダイザー)
■プレス/販促/VMD
■パタンナー
■商品企画/開発
■バイヤー
■IT/システム
■マネジメント/経営

キャリアアドバイザーがアパレル業界に精通している

クリーデンスのキャリアアドバイザーはアパレル・ファッション業界や人材業界に精通した、転職のプロです。

業界の最新動向を踏まえ、求職者のスキルや希望に合わせた実践的なサポートを行っています。

求人紹介はもちろんのこと、自己分析のカウンセリングから書類添削、面接対策、退職交渉のアドバイスに至るまで総合的にカバー。

孤独になりがちな転職活動には心強い存在です。

アパレル転職の疑問や不安があったら、クリーデンスのキャリアアドバイザーに一度相談してみてください。

アパレル転職に役立つさまざまな情報を入手できる

クリーデンスではキャリアアドバイザーのサポート以外にも、アパレル・ファッション業界の転職活動に役立つさまざまな情報を入手できます。

公式サイト「転職お役立ち情報」では、アパレル業界の平均年収や転職動向を掲載、業界専用の職務経歴書サンプルはダウンロードが可能です。

また、「Fashion★シゴトNEWS」では、キャリアアドバイザーによる転職成功者の事例を紹介するなど、クリーデンス独自の情報やノウハウを提供しています。

全て無料なので、転職を迷っている方が情報収集として利用するのもおすすめです。

クリーデンスを利用する注意点

壁にかかる額 Demeritの文字

クリーデンスを利用するうえでの注意点を解説します。

該当する場合、利用が制限される可能性もあるので、登録を検討している方は参考にしてみてください。

求人紹介は限られている

クリーデンスはアパレル業界未経験でも登録できますが、前職の経験を活かせることが求人紹介の前提です。

最低でもアパレル希望職種の経験が1年以上、できれば3年以上の経験が望ましいでしょう。

新卒の就活サポートのような、未経験者の実用的な利用はあまり期待できません。

また、アパレル経験者でも直近が異業界や異職種であったり、転職回数が多い場合、さらには年齢と経験のバランスが合わない場合など、条件によっては紹介が難しいとされています。

東京と大阪以外の求人が少ない

クリーデンスの取り扱い求人は大半が東京、次いで大阪が中心です。

その他地方の求人情報はかなり少ないため、納得できる案件が見つからない可能性があります。

ただし、それはクリーデンスに限ったことではなく、アパレル業界全体の現状です。

転職活動する地域によっては、業界にこだわり活動エリアを広げるか、総合型の転職エージェントと併用し、他業界も視野に入れて活動するかの判断が必要かもしれません。

クリーデンス登録から転職するまでの流れ

PC 辞書 スマホ

こちらではクリーデンス登録から転職するまでの流れを7ステップで説明します。

ステップ1. 公式ページから登録

PCとスマホのどちらからでも登録することが可能です。

トップ画面「転職支援サービス会員登録」より必要事項を入力すると登録が完了、マイページが作成されます。

マイページに職歴やスキルなどの詳細を入力すると、紹介可能な求人を自分で検索できるようになるので、できる限り詳しく入力することが肝心です。

その際、証明写真や職務経歴書、デザイン画などの資料もアップロードしておきましょう。

ステップ2. 担当キャリアアドバイザーより連絡

マイページに入力したスキルや希望を基に、担当キャリアアドバイザーが紹介できる求人を調べ、メールか電話で連絡がきます。

ただし、条件によっては必ずしも紹介できる求人があるとは限りません。

紹介可能な求人がある場合、面談日時や転職活動の希望ついての確認があるので、都合の良い日時や希望内容について事前に整理しておくとスムーズです。

ステップ3. キャリアカウンセリング

カウンセリングはクリーデンスのオフィスで行う以外に、オンラインや電話でも積極的に行っています。

どの方法でもカウンセリングを受けることは可能ですが、できれば対面がおすすめです。

お互いを理解しながら経歴や希望についてさらに掘り下げて話をしていくので、熱意や不安などもダイレクトに伝わり、より的確なサポートを受けやすくなります。

ステップ4. 求人の紹介・応募

カウンセリングの内容を踏まえ、さらに的を絞った求人を紹介してもらえます。

もし事前に自分で検索して気になる求人があった場合、この時に併せて確認してみましょう。

クリーデンスでは複数の求人にまとめての応募することも可能です。

書類添削や面接対策など、今後の具体的な活動についてスケジュール調整しやすいよう、直近の予定はなるべく空けておくと良いかもしれません。

メモを取る女性の手元

ステップ5. 書類添削・面接対策

クリーデンスでは書類添削をサポートしています。

相談しながら履歴書・職務経歴書を作成すると、企業向けのブラッシュアップした仕上がりに。

また「面接対策セミナー」「個別面接対策」といったサービスを利用することで、企業面接への心構えや、どうアピールするのかなど、具体的なアドバイスが受けられます。

ただし、どちらも完全予約制なので、受講を希望する場合は前もってアドバイザーに伝えてください。

ステップ6. 企業との面接

面接日時の調整はクリーデンスの担当キャリアアドバイザーが行い、決まり次第連絡が入ります。

間違いが無いよう、しっかりとスケジュールを確認しておくことが大切です。

当日は予定時間の10分前には指定場所に着いていると、その場の雰囲気に慣れ、気持ちも多少落ち着きます。

あとは面接対策した内容を活かし、本番へ臨みましょう。

ステップ7. 内定・退職・入社

内定をもらえたら、クリーデンスより内定通知書が届きます。

もし、給与交渉や入社時期の調整が必要な場合は、内定通知後のタイミングで伝えましょう。

それらの交渉や調整も担当キャリアアドバイザーが行ってくれるので、お任せして良いんです。

また、現職の退職手続きや転職後の悩み事についてもサポートしてもらえるので、次の仕事が落ち着くまではサービスを退会しない方が安心です。

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)
クリーデンス公式サイトはこちらから▲

クリーデンスを効果的に利用する10のポイント

手の平で受け皿 電球のイラスト

クリーデンスを効果的に利用する10のポイントをまとめました。

転職の目的を明確にする

転職の目的とは、転職を成功させるために欠かすことのできない基軸です。

転職の目的を以下のように表してみました。

転職の目的:前の会社の問題点を転職で解決する
■退職理由:なぜ前の会社を辞めたのか(問題点)
■志望動機:なぜその会社に転職したいのか(解決)

転職の目的には退職理由と志望動機が含まれます。

目的が明確になると、自身の希望を担当アドバイザーと共有しやすくなります。

また、あいまいな目的で転職しても、問題点を解決できなければ後悔する可能性が高いです。

成功させるために、まずは転職の目的を明確にしましょう。

キャリアプランを考えておく

転職の目的に合わせて、5年後、10年後のキャリアプランを考えておきましょう。

キャリアプランをアドバイザーに伝えると、より適切なアドバイスや求人紹介をしてもらいやすくなります。

たとえ同一職種の転職でも、今後キャリアチェンジを検討しているのであれば、将来的に他職種への異動が見込める求人を紹介してもらえるかもしれません。

転職時期は最短可能日程を伝える

転職時期は最短可能日程を伝えることが重要です。

キャリアアドバイザーは常に多くの求職者を抱えているため、転職時期によって優先順位がついてしまいます。

つまり早く転職したい人、転職意欲の高い人の方がアドバイザーにとっては優先になるのです。

もし明確な転職時期が決まっていなくても「よいところがあればすぐにでも転職したい」といった気持ちを伝え、前向きにアピールしましょう。

ウインドウのディスプレー メンズJK

経歴やスキルは偽らない

クリーデンスを含む転職エージェントには、企業と求職者の仲介で絶えずアパレル業界の情報が入ってきます。

もし経歴やスキルの偽りが発覚した場合、要注意人物としてブラックリストに載ってしまい、以降の求人紹介は難しくなることでしょう。

また、万が一転職できても、持っていないスキルがバレるのは時間の問題。

経歴詐称などの悪質な場合、内定取り消しや懲戒解雇の可能性もあるのでご注意ください。

紹介された求人情報を自分でもリサーチする

必要な求人情報はクリーデンスで提供してくれますが、転職活動するのは求職者自身です。

自分でもリサーチして情報の裏付けや補填をすれば、企業への理解や思い入れが一層深まります。

なお、企業リサーチにおすすめなのが「転職会議」「OpenWork」といった口コミサイトです。

元社員や現社員のリアルな口コミが掲載されているので、企業の社風や雰囲気などを読み取り、新たな判断材料にできますよ。

推薦状を確認させてもらう

キャリアアドバイザーの推薦状は、求職者の印象を左右する企業とのファーストコンタクトです。

しかしアドバイザーも人間ですから、必ずしも推薦状の仕上がりが万全であるとは限りません。

応募チャンスを掴むためには、推薦状を確認させてもらい、内容によっては修正をお願いすることも大切です。

担当者には「面接の時に相違がないよう、推薦状を確認させてもらえませんか?」と一声かけてみましょう。

担当キャリアアドバイザーと定期的に連絡をとる

クリーデンスの登録ではキャリアカウンセリングを行い、その流れでおすすめの求人を紹介されますが、肝心なのはその後です。

常にキャリアアドバイザーからの連絡を待っているだけだと、しだいに求人紹介の頻度が減っていき、最後は連絡が途絶えることになるでしょう。

定期的に状況報告や相談の連絡を入れることで転職意欲が伝わり、継続的なサポートを受けやすくなります。

考える女性

担当キャリアアドバイザーと相性が良くなければ変更してもらう

キャリアアドバイザーとの相性が良くないと、余計転職活動がしんどいですよね。

我慢しないで、速やかに担当者を変更してもらいましょう。

伝え方に決まりはないので、電話、メール、公式サイトの問い合わせなど、自分に合った方法で連絡します。

ただし、感情的に伝えるのではなく、今までの担当者には感謝の意を示したうえで、具体的な変更理由や希望を伝えることが肝心です。

複数の転職サービスを併用する

クリーデンスを活用するには、他の転職サービスと併用するのが効果的です。

なぜなら、クリーデンスで得られる求人情報や独自のノウハウあるように、他の転職サービスにもメリットがあり、比較しながら自分に合った情報を精査できるからです。

また、転職活動が滞るリスクを下げ、継続しやすくします。

できればクリーデンスを含めた3社以上の転職サービスに登録し、状況に応じて使い分けると良いですよ。

同じ求人に複数の転職サービスから応募しない

複数の転職サービスを併用していると、同じ求人を紹介されることもあると思います。

ただし、一度応募した求人に、別の転職サービスから重複して応募するのは控えましょう。

企業側は重複応募が分かった時点で、それぞれの担当者へ連絡するので余計な手間となってしまいます。

さらに、連絡を受けた担当アドバイザーにも不信感を与え、今後の求人紹介に悪影響を及ぼしかねません。

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)
クリーデンス公式サイトはこちらから▲

クリーデンスの口コミ・評判

4体の人形 「く・ち・こ・み」

クリーデンスの口コミ・評判について調べました。

実際の印象は利用された方によっても違うので、イメージの参考としてご覧ください。

ファッション業界の求人に特化

都内でショップスタッフとして働いていたのですが、もっと上を目指したいと思いクリーデンスさんで転職活動を行いました。

ファッション業界の求人に特化している転職エージェントなので、私が憧れていたショップの求人が多かったのがよかったです。

担当の方が書類の書き方から面接での応対についてきめ細かくアドバイスをしてくれたおかげで、憧れの外資系セレクトショップに転職することができました。

引用:クリーデンスの口コミ・評判 | みん評 (minhyo.jp)

的確なアドバイスが役立ちました!

まずカウンセリングを受けるのですが、担当してくださった方が同じ年齢ということもあり、私の悩みも共感していただけて大変話しやすかったです。

また自分の経歴を話していく上で、担当者の方が聞き上手な方だったこともあり、今後どういったキャリアを築いていくかなど、自分の頭の中を改めて整理することが出来きました。

その後のケアも大変満足なので、引き続きここで転職活動を頑張りたいと思っています。

引用:クリーデンスの口コミ・評判 | みん評 (minhyo.jp)

自分のペースで転職活動できます。

販売職から内勤の転職を考えてここを利用させてもらいましたが、少し内勤の求人数が少ないと感じました。

ただ、企業数や非公開の求人数は豊富で、職種にこだわりのない人には文句なしだと思います。

業界独特の面接対策などのサポートもあり、とても参考になりました。

登録後にすぐ色々と紹介するといった、転職をせかすようなこともしていないようなので、その内転職をしたいなと考えているという人などは良いのではないでしょうか。

引用:クリーデンスの口コミ・評判 | みん評 (minhyo.jp)
ショップ 陳列されたバッグなど

担当者によるのかも

色んなエージェントの方とお話ししてきましたが、20代前半くらいの女性とにかく高圧的態度でした。

案件何個か送ってくれるのも希望ちゃんと見てるのかと思うものを数だけ投げてきたり、面接前日に内容が違った、など。

きっと担当してる人を多く抱えてるから起きることなんでしょうが、正直この方の紹介で入って会社にお金が払われるのは許せないと思い変えました。

引用:クリーデンスの口コミ・評判 | みん評 (minhyo.jp)

働きながらの転職活動がしやすかったです!

アパレル業界で働きながらの利用でしたが、アパレル業界の事情に精通しているので他の転職エージェントよりも転職活動が進めやすかったです。

また業界の知識が豊富なキャリアアドバイザーが在籍しているので、相談もしやすいと思います。

アパレル業界での経験は浅いほうでしたが、希望に沿う求人をいくつか紹介してもらうことができました。

仕事をしながらということもあって転職までは数ヶ月かかりましたが、サービスの質が高く選んで正解だったと思います!

引用:クリーデンスの口コミ・評判 | みん評 (minhyo.jp)

「きめ細かいアドバイス」「サービスの質が高い」など、利用に満足している口コミが結構ありました。

経験豊富なアドバイザーのサポートは、書類の書き方や面接の対策、転職後のケアまで多岐に渡ります。

アパレル転職に特化しているので、求職者に寄り添った実践的なサポートが心強いですね。

一方で、担当アドバイザーに不満を感じている声もありました。

担当アドバイザーとの相性の良し悪しは転職活動につきものです。

また、クリーデンスを含め、どの転職サービスにもメリットとデメリットがあります。

複数の転職サービスを活動状況に応じて使い分ければ、さまざまなリスクによる影響を抑えられますよ。

クリーデンスがおすすめな方/おすすめではない方

クリーデンスがおすすめな方

■アパレル業界の経験がある方
■東京や大阪で転職活動したい方
■まだ転職しようか決めていない方
■一人で転職活動するのが不安な方
■複数の転職サービスを併用したい方
■信頼性の高い転職サービスを探している方
■忙しくて転職活動がスタートできていない方
■経験が活かせる求人を広くいろいろ見てみたい方
■アパレル以外の仕事も視野に入れて転職活動したい方
■応募企業とのやり取りをエージェントにお任せしたい方
■業界に精通したアドバイザーにサポートしてもらいたい方

クリーデンスがおすすめではない方

■転職回数が多い方
■地方で転職活動したい方
■アパレル業界が未経験な方
■自分の判断でまとめて応募したい方
■アパレル経験に長いブランクがある方

まとめ

転職活動する女性

クリーデンスはアパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントです。

アドバイザーの実践的なサポートや最新の求人動向など、転職に役立つノウハウがそろっているのが特徴。

業界からの信頼も非常に高いので、アパレル転職に関する疑問や不安があったら気軽に相談してみましょう。

ただし、現状では紹介求人が限られていて、とりわけ未経験者向けや地方エリアの求人数が少ないです。

場合によっては他業界を視野に入れたり、転職活動エリアを広げたりすることも必要かもしれません。

他の転職サービスと併用しながら、活動状況に応じて臨機応変に使い分けことをおすすめします。

 

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)
クリーデンス公式サイトはこちらから▲

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ファッション(その他・全般)ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ アパレル・ファッション業界へ

 

アパレル・ファッション業界に特化したおすすめの転職サイト6選

iDAのアパレル求人は?仕事探しで利用するメリットとデメリット

アパレル業界の志望動機とは?転職に役立つ例文や書き方を紹介

【例文あり】アパレル業界の自己PRとは?効果的な作成方法を紹介

By ヒデム

元アパレル販売員のヒデムです。ジュエリー業界への転職を経験しているので、アパレルに対して客観的な視点も持っています。当ブログでは、ファッションや仕事選びに関する情報を発信していきます。