Categories
アパレルで働く

クリーデンスの特徴や登録方法を紹介!アパレル転職におすすめ

クリーデンスは大手転職サイト「doda」や、派遣サービス「テンプスタッフ」などを運営している会社が手掛けるアパレル・ファッション業界に特化した転職エージェントです。

2001年からサービスを開始、現在では求人企業3,500社以上、登録ユーザー242,000名以上でアパレル業界最大級の規模を誇っています。

こちらの記事では私が実際にクリーデンスを利用した時の経験を踏まえながら、その特徴や登録方法について分かりやすく紹介します。

 

クリーデンスの公式サイトはこちらから▼

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

クリーデンスを利用する4つのメリット

MERITと書かれた紙を持つ手

非公開が60%を占める、豊富な求人情報

クリーデンスが扱っているアパレル求人情報の60%は非公開です。

その中にはクリーデンスのみで取り扱う独占求人や、より条件の良い非公開求人なども多く含まれています。

例えば他社の転職サイトなどでいろいろ調べたのに、なかなか希望の求人が見つからなかった場合など、クリーデンスの非公開求人の中に思いがけない出会いがあるかもしれません。

職種についても販売職をはじめ、デザイナー、パタンナー、MDなど、幅広く取り揃えているので、自分の希望する求人を見つけやすい環境が整っています。

アドバイザーが業界に精通しているから頼りになる

先の見えない転職活動には不安や挫折がつきものです。

クリーデンスのキャリアアドバイザーはアパレル・ファッション業界や人材業界出身で経験を重ねてきた、その道のプロ。業界の最新動向を踏まえた上で、求職者の状況や希望に寄り添ったサービスの提供が可能です。

転職活動のサポートでは求人の紹介だけではなく、自己分析のカウンセリングから書類添削、面接対策、退職交渉のアドバイスに至るまで総合的にカバーしています。

アパレル・ファッション業界の転職ノウハウが充実している

クリーデンスで得られるのは豊富な求人情報やサポートだけではありません。

アパレル・ファッション業界の転職活動に役立つさまざまな情報を手に入れることができます。

公式サイトには「転職お役立ち情報」として、業界の平均年収や転職動向を掲載していたり、アパレル業界専用の職務経歴書のサンプルがダウンロード可能です。

また、「Fashion★シゴトNEWS」では、キャリアアドバイザーによる転職成功者の事例を紹介するなど、他サービスでは知ることができないノウハウが充実しています。

時代に合った新しい働き方を見つけられる

現在は、1つの会社に勤めるという選択肢以外にフリーランス、副業、複業など、働き方も多様化しています。

クリーデンスではアパレル・ファッション業界に特化した業務委託案件を探せるサービス「FLEXSHON(フレクション)」を運営しているので、求職者は広い視野で働き方を探すことが可能です。

このサービスでは登録して探すだけでなく、企業から直接スカウトが届くこともあるなど、スムーズにやり取りすることができます。

登録の際は業界動向の把握もできるので、クリーデンスの求人サービスと併せて利用するのがおすすめです。

クリーデンスのデメリット

壁にかかる額 Demeritの文字

未経験者の求人は少なく、紹介が難しい場合もある

コロナ禍以降のアパレル・ファッション業界の傾向として、特に即戦力が求められているようです。

クリーデンスはアパレル業界未経験でも登録できますが、例えばジュエリーの販売など、前職の経験を活かせることが求人紹介の前提となっています。

紹介にはアパレル希望職種の経験が最低1年以上、できれば3年以上の経験が望ましい状況です。

また、アパレル経験者であっても直近が異業界や異職種であったり、転職回数が多い場合、さらには年齢と経験のバランスが合わない場合など、求人の動向によっては紹介が難しいとされています。

 

派遣という選択肢もあります▼

アパレル派遣なびの特徴や登録方法を紹介!未経験者にもおすすめです

東京、大阪以外の求人が限られている

クリーデンスで取り扱っている求人は大半が東京、次いで大阪が中心となっていて、その他地方での求人はかなり限られています。

東京とはじめとした都市部での転職活動であれば問題はありませんが、それ以外の地方を希望する場合、十分な案件を見つけるのが難しいこともあるかもしれません。

ただそれはクリーデンスに限ったことではなく、アパレル・ファッション業界全体の現状といえます。

業界にこだわり活動エリアを広げるか、総合型の転職エージェントを併用し、他業界も視野に入れて地域にこだわった活動するかの判断が大切です。

クリーデンスをより効果的に活用する7つのポイント

手の平から浮かぶ電球

転職可能時期の伝え方で前向きにアピールする

担当キャリアアドバイザーへの転職可能時期の伝え方はとても重要です。

クリーデンスのキャリアアドバイザーは常に膨大な求職者に対応しているので、転職時期によって自然と優先順位がついてしまいます。

つまり早く転職したい人、転職意欲の高い人の方がキャリアアドバイザーにとっては優先になるのです。

もし明確な転職時期が決まっていなくても「よいところがあればすぐにでも転職したい」といった気持ちを伝え、前向きにアピールしましょう。

紹介された求人を自分でもリサーチする

クリーデンスでは詳細なアパレルの求人情報を求職者に提供してくれます。

ただ、あくまでも転職活動するのは求職者自身。

自分でも企業をリサーチして情報の裏付けや補填をすることにより、企業への理解や思い入れも高まります。

なお企業リサーチにおすすめなのが「転職会議」「OpenWork」といった口コミサイトです。

元社員や現社員のリアルな口コミが集まっているので、企業の社風や雰囲気などを読み取り、新たな判断材料にすることができますよ。

将来のキャリアプランを考える

5年後、10年後のキャリアプランは、転職活動を成功させるために欠かすことができません。

仕事へのモチベーションが上がるだけでなく、企業を選択する際のミスマッチを防ぐことができるからです。

また、キャリアアドバイザーも将来性を考えた最適な求人が紹介しやすくなります。

ただ、自己分析をしようとしても、自分自身の強みや将来像がイメージできないこともあると思います。

クリーデンスではカウンセリングを行っているので、自己分析について気軽に相談することが可能です。

担当キャリアアドバイザーと定期的にコミュニケーションをとる

担当キャリアアドバイザーとの定期的なコミュニケーションは転職活動していくうえでとても重要になります。

クリーデンスの登録ではキャリアカウンセリングを行い、その流れでおすすめの求人を紹介されますが、肝心なのはその後のコミュニケーションです。

常にキャリアアドバイザーからの連絡を待っているだけだと、しだいに求人紹介の頻度が減っていき、最後は連絡が途絶えることになるでしょう。

求職者側からも定期的に状況報告や相談などの連絡を入れると、転職意欲が伝わりサポートが受けやすいです。

考える女性

担当キャリアアドバイザーが合わない時は変更してもらう

クリーデンスに限ったことではありませんが、担当キャリアアドバイザーとうまくいかないことがあります。

それは担当者の経験値によるものかもしれないし、お互いの相性が良くないということも考えられます。

今後の転職活動をスムーズに行うためにも、担当キャリアアドバイザーが合わないと思ったら速やかに変更してもらいましょう。

伝え方に決まりはないので、電話、メール、公式サイトの問い合わせなど、自分に合った方法で伝えます。

今までの担当者には感謝の意を示したうえで、繰り返さないよう具体的な変更理由を伝えることが肝心です。

推薦状を確認させてもらう

キャリアアドバイザーが作成する推薦状は、求職者の第一印象を左右する企業とのファーストコンタクトです。

しかし数多くの案件をかかえるアドバイザーも人間ですから、時間が取れず推薦状の仕上がりが十分ではない可能性も考えられます。

もし内容のすり合わせが不十分な場合、求職者のイメージが伝わらずせっかくのチャンスを失いかねません。

そうならないよう、事前に推薦状を確認させてもらい、内容によっては修正をお願いすることも大切です。

「面接の時に相違がないよう、推薦状を確認させてもらえませんか?」と声をかけてみましょう。

転職サービスに複数登録して選択肢を広げる

クリーデンスの活用はとても有効ですが、それだけに頼りすぎると情報が偏ったり、結果に繋がらず活動が滞ったりすることもあります。

そうならないためには、他の転職エージェントや転職サイトを併用することがおすすめです。

多方面から情報収集できる環境によって客観的に判断しやすく、自分の活動ペースを保ちやすくなります。

理想はクリーデンスを含めた最低3社以上の転職サービスに登録し、状況に応じてメインとする転職サービスを調整しながら活動することです。

クリーデンスを利用する際の注意点

ウインドウのマネキン

経歴やスキルを偽らない

少しでも自分を良く見せたいからといって登録情報を偽ることはやめましょう。

一度登録した情報は記録として残ります。

クリーデンスは企業と求職者の仲介役として絶えずアパレル業界の情報が入ってきますから、情報の偽りが発覚した場合、要注意人物としてブラックリストに載ってしまい転職活動への悪影響は避けられません。

また、万が一転職できたとしても、持っていないスキルはすぐにばれてしまいます。

経歴詐称などの悪質な場合、内定取り消しや懲戒解雇になることも考えられるので注意してください。

同じ求人に複数の転職サービスから応募しない

例えばクリーデンスで紹介された求人が、すでに別の転職サービスから応募していた、などということも転職活動を続けていればでてくると思います。

気持ち的には重ねて応募することで熱意を伝えたいところですが、そこはグッと我慢しましょう。

企業側からすれば、重複応募が分かった時点でそれぞれの転職サービスへ連絡するので無駄な手間を取らせることになってしまいます。

さらに連絡を受けたキャリアアドバイザーにも不信感を与え、今後の求人紹介に影響する可能性があります。

クリーデンスの登録方法と利用の流れ

PCとスマホ

1.公式ページから登録

PC、スマホのどちらからでも登録することが可能です。

トップ画面「転職支援サービス会員登録」より必要事項を入力すると登録が完了、マイページが作成されます。

このマイページに職歴やスキルなどの詳細を入力すると、クリーデンスが紹介可能な求人を調べることができるので、できる限り詳しく入力することが大切です。

その際、証明写真や職務経歴書、デザイン画などの資料もアップロードしておきましょう。

 

 クリーデンスの公式サイトはこちらから▼

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

2.担当キャリアアドバイザーより連絡

求職者がマイページに入力した経験や希望を基に、クリーデンスの担当キャリアアドバイザーが紹介できる求人を調べ、メールか電話で連絡がきます。

アドバイザーからは紹介案件についての説明のほか、面談日時や転職活動の希望ついての確認があるので、都合の良い日時や希望内容について事前に整理しておくとスムーズです。

3.キャリアカウンセリング

カウンセリングはクリーデンスのオフィスで行う以外に、zoomオンラインや電話でも積極的に行っています。

どの方法でもカウンセリングを受けることは可能ですが、できれば対面がおすすめです。

お互いを理解しながら経歴や希望についてさらに掘り下げて話をしていくので、熱意や不安などもダイレクトに伝わり、より的確なサポートを受けやすくなります。

4.求人の紹介・応募

カウンセリングの内容を踏まえ、さらに的を絞った求人を紹介してもらえます。

もし事前に自分で検索して気になる求人があった場合、この時に併せて確認してみましょう。

クリーデンスでは複数の求人にまとめての応募することも可能です。

書類添削や面接対策など、今後の具体的な活動についてスケジュール調整しやすいよう、直近の予定には余裕を持っておくと良いかもしれません。

メモを取る女性

5.書類添削・面接対策

クリーデンスでは書類添削をサポートしているので、相談しながら履歴書・職務経歴書を作成するとより企業向けの内容にブラッシュアップできます。

また「面接対策セミナー」「個別面接対策」といったサービスを利用することで、企業面接への心構えや、どうアピールするのかなど、具体的なアドバイスをもらうことが可能です。

ただし完全予約制なので、受講を希望する場合は前もってアドバイザーに伝えてください。

6.企業との面接

面接日時の調整はクリーデンスの担当キャリアアドバイザーが行い、決まり次第連絡が入ります。

間違いが無いよう、しっかりとスケジュールを確認しておくことが大切です。

当日は予定時間の10分前には指定場所に着いていると、その場の雰囲気に慣れ、気持ちも多少落ち着きます。

あとは面接対策した内容を活かし、本番へ臨みましょう。

7.内定や退職のサポートを受ける

面接に合格し内定をもらえたら、クリーデンスより内定通知書が届きます。

もし給与交渉や入社時期の調整が必要な場合は、内定通知後のタイミングで相談すると良いでしょう。

それらの交渉や調整も担当キャリアアドバイザーが行ってくれるので、気軽に相談してみるのがおすすめです。

また現職の退職手続きについてもサポートを受けることができます。

上司への報告の仕方など、実践的なノウハウは必聴ですよ。

クリーデンスがおすすめな人

■アパレル業界で転職、キャリアアップを考えている人
■他社では扱っていない独占求人や非公開求人を紹介してもらいたい人
■アパレル業界に精通したプロのサポートを受けながら転職活動したい人
■アパレル業界の転職に役立つ情報を知りたい人
■フリーランスや複業などの多様な働き方を見つけたい人
■複数の転職サービスに登録して選択肢を広げたい人
■自己分析やキャリアプランをイメージするのが苦手な人
■アパレル業界で正社員、契約社員になりたい人
■アパレル業界で1年以上の経験がある人
■東京や大阪などの都市部で転職活動したい人

クリーデンスを利用してみて感じたこと

私がクリーデンスを利用したのは、いくつか登録した転職サービスの1つでした。

当時アパレル販売ではなく異職種への転職希望だったので、クリーデンスからの求人紹介は限られていました。

しかし、担当キャリアアドバイザーからは時折希望に近い求人が入ると連絡があり、こちらの活動状況を気遣ってくれたのが印象的です。

また求人紹介以外にも、一般では知り得ないような最新の転職情報が把握しやすく、転職活動には大きなプラスになりました。

結局、他サービスで内定を貰ったのですが、トータルで考えるとクリーデンスに登録して良かったと思います。

ネットの口コミ評判を見ると「求人を紹介してもらえない」「電話が頻繁にくる」といった内容もありますが、担当者との相性の善し悪しや、利用者側の受け取り方によって印象が異なりそうです。

人と人のやり取りですので、こうしたすれ違いはどの転職サービスを利用しても必ず起こりえます。

確かなのは、アパレル転職で業界に特化したクリーデンスに登録することは、限られた求人を見逃さないだけでなく、その動向を知るという意味でも有効だということ。

まずはキャリアカウンセリングをして、今後のキャリアプランについて考えてみませんか?

 

クリーデンス公式サイトはこちらから▼

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

ファッション(その他・全般)ランキング
にほんブログ村 ファッションブログ アパレル・ファッション業界へ

 

アパレル・ファッション業界に特化したおすすめの転職サイト6選

iDAのアパレル求人は?仕事探しで利用するメリットとデメリット

アパレル業界の志望動機とは?転職に役立つ例文や書き方を紹介

【例文あり】アパレル業界の自己PRとは?効果的な作成方法を紹介

By ヒデム

元アパレル販売員のヒデムです。ジュエリー業界への転職を経験しているので、アパレルに対して客観的な視点も持っています。当ブログでは、ファッションや仕事選びに関する情報を発信していきます。